預金保険制度は、万が一金融機関が破たんした場合に、預金者等の保護や資金決済の履行の確保を図ることによって、信用秩序を維持することを目的としている制度です。
預金保険の対象となる預金等の範囲について

 預金保険制度により、当座預金や利息のつかない普通預金など(決済用預金)は、全額保護されます。
 定期預金や利息つきの普通預金など(一般預金等)は、金融機関ごとに預金者1人当たり、元本1,000万円までとその利息等が保護されます。それを超える部分は、破たんした金融機関の財産の状況に応じて支払われます(一部カットされることがあります)。

預金等の分類 保護の範囲
預金保険の
対象預金等
決済用預金 当座預金や利息のつかない普通預金など 全額保護
一般預金等 利息つきの普通預金・定期預金・定期積金・元本補てんのある金銭信託(ビッグなど)等 合算して元本1,000万円
までとその利息等を保護
預金保険の対象外預金等 外貨預金、元本補てんのない金銭信託(ヒットなど)、金融債(保護預り専用商品以外のもの)等 保護対象外
【預金保険制度についての詳細は、下のサイトをご参照ください】